診療時間

9:00~13:00/15:00~19:00休診日水曜・祝日

最終受付 18:30※祝日のある週の水曜日は診療

小坂歯科医院 TOP › 院長ブログ › 歯科治療 › 定期健診/メンテナンスの必要性とは?

定期健診/メンテナンスの必要性とは?

歯科治療/院長ブログ

時が経つのは早いもので開業から半年になろうとしています。

冬になって判ったのですが、小坂歯科医院はとても暖かいという事です。

待合室です。

小坂歯科医院さんの投稿 2017年11月27日月曜日

 

これは設計のイデアさんが断熱材を沢山入れていただいたおかげだと思うのですが、むしろ暖房点けると、むしろ「暑い(笑)」

テレビでは冬将軍がどうのこうの言ってますが、小坂歯科医院は無縁でしたwイデアさんありがとう!

話は変わりますが、今日は定期検診/メンテナンスについてです。

痛くならないと歯医者さんに行かない日本人

日本人は先進国の中で、虫歯や歯周病が多い方なのですが、「痛くなったり、トラブルが起きないと歯科医院に行かない国民性」という事が理由といわれています。

北欧のスウェーデンという国は歯科の世界では有名な予防大国です。

スウェーデンの方達は、予防する事が国家的プロジェクトであり、物心ついた頃からそうする事が当たり前という認識で育ってきています。

そのため、国をあげて虫歯・歯周病予防に取り組み、先進国の中でも虫歯・歯周病が少ないと言われています。

日本でも広がっている予防歯科

日本ではプロフェッショナルという番組でも紹介された、山形県酒田市の「日吉歯科診療所」の熊谷 崇 先生が予防歯科の先駆者であり、予防歯科を広めるために日々ご活動をなさっています。(詳しくはHPをご覧になってください)

 

最近では日本でも熊谷先生のお弟子さんを中心にスウェーデン式の予防プログラムをやっている歯科も増えてきているようです。

ちなみに当医院は日吉歯科さんみたいな高レベルではありませんが(汗)、歯周病と虫歯の管理のためにメンテナンスを実施しております。

大切なのは「オーダーメイドのメンテナンス」

気を付けている事としては、定期健診の期間を変えたり、健康状態をキープ出来るための清掃方法の工夫、食生活の改善、治療のタイミングや必要性の見極めなど多岐にわたって管理する事を心掛けています。

大切なのは、それぞれの患者様に合わせた「オーダーメイドのメンテナンス」をして、健康寿命を延ばす事だと思っております。

 

特に歯周病は一旦ひどくなるとダイエットと一緒で「リバウンド」します。

そのリバウンドがきて、元の悪い状態に戻る前に来院していただき、健康状態を維持出来るようにプロフェッショナルケアを受けていただくようにオススメしています。

健康状態を維持し、快適な生活の質を上げるために定期健診をする

歯は虫歯になったら元には戻りませんし、歯周病で歯の支え(歯槽骨)が無くなっても完全に良くはなりません。

今までの「悪くなったので歯科医院にしょうがなく行く」から「健康状態を維持し、快適な生活の質を上げるために定期健診をする」にシフト出来るように日本全体が変われたら最高ですね!

健康寿命を延ばして快適な生活を目指されている方は是非、当医院にご相談されてください。